こどもチャンネル

CHILD STORY_アメンボ

CHILD STORY_ガジュマル


ミッショナリースクール






ポールのカナリア 1

ポールのカナリア 1

ポールのカナリア 1

アニー・シェラード
~MY BIBLE FIRST より~

ポールとお母さんは古い長屋に住んでいて、そこは、他にもたくさんの人が住んでいました。

ポールのお父さんは亡くなってしまい、お母さんは、毎日けんめいに働いて、食べ物や、部屋の借り賃を払うためのお金をかせいでいました。

ポールも、何か仕事をして、お母さんを助けたいと思っていました。
けれどポールは足が不自由だったのです。
生まれてから、いちども歩いたことがありませんでした。

ある寒い、雨のふる日、ポールはいすにすわって、部屋にひとつしかない窓から外をながめていました。

窓から見えるのは、となりにある高い建物の壁だけです。

ポールの住んでいた長屋とその建物の間には、緑の草も、木も、花もありませんでした。
そこには、ゴミと古い箱がつまれた、せまい裏通りがあるだけでした。

とつぜん、風が強くなり、雨が窓をはげしく打ちつけたので、ポールは外を見ることができなくなりました。

窓のそばの壁は、しっくいがはがれ落ちて、その下にある板が見えていました。
その板は雨でぬれてくるし、まどのすき間からも、水が入ってきました。

ポールはとてもさびしく、みじめな気持になりました。
目には涙があふれてきました。

「ぼくはだめな人間だ」と、ひとりごとを言いました。

「ぼくみたいな役立たずは、他にいないはずだ。
ぼくなんか、生まれてこなければよかったのではないだろうか」。

でもすぐに、お母さんのことが頭にうかび、そのように考えるのはやめました。

なぜならお母さんは、仕事から帰ってきてポールの顔を見ると、いつでも喜びの笑顔を浮かべ、彼を強くだきしめてくれるのです。

強い風で、窓がガタガタ鳴り、となりの部屋では、ブラインドもカタカタ音を立てています。
しばらく嵐を見ていたポールは怖くなり、目をそらそうとしました。
しかしすぐに、また彼の目は、外の何かにくぎづけになりました。

窓台のはしに、何かがいます。
小さな鳥のように見えます。
そう、それはまぎれもなく、一羽の鳥でした。
窓のたなに、しがみついていたのです。

ポールは、「まあ、かわいそうな小鳥さん、ぼくが助けてあげるからね」と話しかけました。
それから窓をあけ、そっと手を伸ばしました。
つっかい棒がないと、窓はすぐに落ちてきて、閉じてしまいます。
その窓が、彼の肩に重くのしかかります。ポールは肩の痛みをこらえながら、夢中で小鳥を助けようとしました。

はじめ、小鳥は吹き飛ばされそうになっていましたが、風向きが変わり、風に押されて、家の中に飛びこんできました。

窓を閉めるとすぐに、ポールはずぶぬれになった小鳥をひろいあげ、その羽を優しくふいてあげました。

小鳥は、しばらく手の中でじっと横たわっていました。
息もしていないように見えました。
それからゆっくりと起きあがりましたが、寒さでぶるぶる震えていました。
そこでポールは、まず毛布で自分自身をくるみ、小鳥を毛布の中で抱いてあげました。

暖かい腕と毛布の中で、小鳥はすぐに眠ってしまいました。
すやすや眠っている小鳥を見ていると、ポールはとても幸せな気持ちになりました。

そしてしばらくすると、彼も眠ってしまったのでした。


ポールのカナリア 2

ポールのカナリア 2

ポールのカナリア 2

アニー・シェラード
~MY BIBLE FIRST より~

その日、お母さんが仕事から帰ってくると、ポールが毛布にくるまって寝ていたので、びっくりしてしまいました。

お母さんは、「ポール、気分でも悪いの?」と心配そうな声でたずねながら、彼のところにかけよりました。

ポールは目を覚まし、お母さんを見てにっこりしました。
すぐに嵐のときの出来事を思い出したのです。

「気分は悪くないよ。
嵐が吹き荒れているときに、窓からこんなものが部屋に飛びこんできたんだ」。

ポールが毛布を広げると、かわいい小鳥があらわれたので、お母さんもにっこりしました。

ポールは、起こったことを全部、お母さんに話しました。

「ペットと呼ぶことにしたんだ。かわいいでしょ?」
と彼は言いました。

確かに、とてもかわいい小鳥だと、お母さんは思いましたが、羽のひとつが傷ついて、少したれさがっていました。
よく見ると、小さな足の指も、二本なくなっていました。

ペットは、お母さんを見て、チュッチュッと鳴きました。
小鳥は、暖かくてかわいたところが好きでした。

ポールとお母さんが話している間、ペットは、やわらかくて黄色い羽毛をふくらませて、ていねいに毛づくろいをしていました。

「きっと、お腹をすかせているでしょうね」
とお母さんが言いました。

「近所に、小鳥を飼っている人がいるから、エサを少し分けてもらえるか、聞いてくるわ」。

すぐにお母さんは、小鳥のエサをもって戻ってきました。

ペットが夢中でそれを食べるのを見て、二人は笑ってしまいました。

ペットのために、小さいコップに水も入れてあげました。

寝る時間になって、ポールは、棒を二脚のいすに引っかけ、ペットがその棒の上で眠れるようにしてあげました。

小鳥は頭を羽の下にうずめて、すぐにぐっすり眠ってしまいました。

その日から、ポールは寂しくなくなりました。

でも、ペットを飼うには、もっとエサが必要です。
お母さんには、エサを買うよぶんのお金はありません。


ポールのカナリア 3

ポールのカナリア 3

ポールのカナリア 3

アニー・シェラード
~MY BIBLE FIRST より~

ポールは、
「ペットのエサ代は、ぼくがどうにかして稼がなくては」
と自分に言い聞かせました。

それから彼は、すぐ隣に住んでいる、ジェーンのことを考えました。

ジェーンの部屋は、建物から突き出ていて、彼女とポールは、窓ごしに顔をあわせて、よく話をしました。

ジェーンは、足の不自由な少年のことを、気の毒に思っていました。

彼女はよく、
「こんにちは、ポール」
と声をかけてくれます。

ポールは、彼女が時々いすにすわって、手で何かを作っていたのを思い出しました。

何か、内職〔家でお金をかせぐためにする、ちょっとした仕事〕をしていたのだろうと思いました。

もしかしたらジェーンは、何か手を使ってやる仕事について知っていて、自分にそのことを教えてくれるかもしれない、と彼は考えたのです。

ポールは足が不自由で、体も少し曲がっていましたが、手はふつうの人のように使うことができました。
指もまっすぐで、足が不自由な分、ふつうの子供よりも力がありました。

ポールは、窓のところまで体をひきずっていきました。

となりの窓の近くには、ちょうどジェーンがいます。

そして思った通り、彼女は、忙しそうに手で何かを作っていました。
ポールがジェーンを呼ぶと、彼女は顔をあげ、にっこりしました。

「何を作っているの、ジェーン?」とポールが尋ねました。

「何か、レースのようなものを作っているのよ」と彼女は答えました。

「むずかしいの?」

「いいえ、かんたんよ!あなたでも、できるようになるわよ」

「ペットのエサを買えるくらいのお金が稼げるかな?」

「もちろんよ。私が教えてあげようか?」

「うん、頼むよ!」

「それじゃあ、今日の夕方にでも、お宅におじゃまするわ」

とジェーンは約束してくれました。

ポールは、彼女の来るのが、まちどおしくてたまりませんでした。


ポールのカナリア 4

ポールのカナリア 4

ポールのカナリア 4

アニー・シェラード
~MY BIBLE FIRST より~

ジェーンは約束どおり、ポールに編み物のやり方を教えてくれました。

習い始めてすぐに、ポールは、自分にもできる仕事であることが分かりました。

ペットも、ポールのやることにたいへん興味を持ったみたいで、彼が使っていた糸をくちばしで引っぱったり、彼の仕事について、鳥の言葉でああだこうだと言ったりしていました。

しかし、ペットのやることは仕事のじゃまだったので、ポールはペットをとまり木に戻しました。

しばらくすると、ついにポールの編み物が完成しました。

ジェーンは、とても喜んでくれました。
彼女は、興奮している少年に向かって、

「あなたが作ったものは、私が売ってあげるわ」と言ってくれました。

「この仕事をがんばれば、きっとペットのエサと、鳥かごが買えるようになるわよ」。

ポールは笑いながら、ジェーンに、「ペットには、鳥かごはいらないんだよ」と言いました。

「でも、お母さんのために、オレンジかリンゴが買えるようになるかもね」。

ペットはとても頭のいい小鳥で、じきに、ポールが教えたいろいろな芸を覚えてしまいました。

そのひとつが、死んだふりをすることでした。

死んだふりをするようにポールが言うと、すぐにペットはあおむけに寝っころがり、そのまま動かなくなります。

またポールが、自分のくちびるの間に種をはさむと、ペットはやさしく種をくちばしでとってから、それを食べてしまいます。

中には、ペットが自分で考え出した芸もありました。

ポールが仕事に熱中していて、自分と遊んでくれないと、ペットは彼の頭の上に飛んでいき、髪の毛を引っぱるのです。
ときには、まゆ毛を引っぱることもあります。

お母さんは、ポールの変化にたいへん驚きました。

以前は、静かに、寂しそうにすわっていただけなのに、今では、指を忙しく動かしながら歌っているのです。

ペットも、ポールといっしょに、よく歌いました。
今では、ポールのじゃまをすることもなく、彼のひざの上にすわって、仕事をする彼をじっと見ています。

ポールは心だけでなく、体もどんどん成長し、背も伸びていることが、お母さんにはよく分かりました。

いつの日か、彼も大人になって、自分のめんどうを見てくれるようになるだろうと、お母さんは思いました。

ある朝、まだ日が昇らない前の、とても早い時間に、とてもはらはらさせられるようなことが起こりました。

ペットがけん命に髪の毛とまゆ毛を引っぱるので、ポールは目を覚ましました。

「もう少し寝かせてくれよ。まだ起きる時間じゃないんだから」と言いながら、小鳥をとまり木に戻そうとしました。
ところが、ペットは言うことを聞こうとしません。


ポールのカナリア 5

ポールのカナリア 5

ポールのカナリア 5

アニー・シェラード
~MY BIBLE FIRST より~

ペットをつかもうと手を伸ばしたときに、壁に手がふれました。
どういうわけか、壁が熱くなっていました。

ポールは、「お母さん、起きて!壁が、ものすごく熱いんだけど」と呼びかけました。

お母さんは、ろうかに走っていって、近所の人たちを起こしました。

間もなく、消防士がかけつけてきて、すぐに隣のへやの火を消してくれました。

でも、ポールとお母さんのへやも、かなり焼けてしまいました。

隣のへやにあったストーブのすぐ近くに服がかけてあって、その服に火がついてしまったのでした。

職人さんたちがきて、ポールたちの部屋を直している間、ポールとペットは、ジェーンの家族のところに泊めてもらいました。

長屋の人たちが、建物と、そこに住んでいる人たちの命を救ったカナリアを見にやってきました。
長屋の持ち主もやってきました。

多くの人の命が助かり、もし建物が焼け落ちていたら、たくさんのお金も損することになったはずなので、彼はとても感謝していました。

火事が他のへやに広がる前に、ペットがポールを起こしたおかげで、被害は少なくてすんだのでした。

火事の被害にあったへやの修理が終わったあとで、長屋の持ち主が、何かお礼をさせてほしいとポールに頼みました。

そこでポールは、
「外に出られるようになるための、松葉づえが欲しいんですけど…」
と遠慮がちに答えました。

長屋の持ち主は、喜んで松葉づえを買ってくれました。
またポールのお母さんのために、新しいミシンも買ってくれました。

これで、お母さんも、外に出て行かないで、ポールと家の中で過ごしながら、仕事をすることができます。

さらに彼は、ペットの鳥かごと、一年分のエサまで買ってくれました。

迷子の小鳥に出会ってから、ポールの人生は大きく変わりました。

ポールだけでなく、お母さんや、その他おおぜいの人たちも、ペットのおかげでとても幸せになりました。

あの小さなカナリアは、私たちのよき模範だとは思いませんか?


ショートフィルム

ホッキョククジラ

ホッキョククジラ

ゴールデンゲートブリッジ

ゴールデンゲートブリッジ

バッタネズミ

バッタネズミ