御霊の実 パート1

2019年1月26日 icon_002200_17.pngTag: 花城 健


MP3で聴く

*霊感の言葉*

ガラテヤ5:22
「しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、 5:23 柔和、自制であって、これらを否定する律法はない。」

キ実302
「『御霊は思いのままに、それらを各自に分け与えられたのである』(Ⅰコリント12:11)。賜物は、すでに、キリストにあってわたしたちのものであるが、それを実際に受けることは、神の霊をわたしたちが受けるか否かにかかっている。」

あ上442
「聖霊によって新しくされた心は、『御霊の実』を結ぶのである。」

ヨハネ15:5-8
「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっておれば、その人は実を豊かに結ぶようになる。わたしから離れては、あなたがたは何一つできないからである。 人がわたしにつながっていないならば、枝のように外に投げすてられて枯れる。人々はそれをかき集め、火に投げ入れて、焼いてしまうのである。あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたにとどまっているならば、なんでも望むものを求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。あなたがたが実を豊かに結び、そしてわたしの弟子となるならば、それによって、わたしの父は栄光をお受けになるであろう。」

キ実47
「もしも、わたしたちが、キリストの霊、すなわち、他に対する無我の愛と働きの精神を受けるならば、自然に成長して、実を結ぶのである。あなたの品性にはみ霊の実が熟し、信仰は増し加わり、確信は強固になり、愛は完成される。」

希下166
「神は、あなたを通して、ご自身の品性の聖潔、慈愛、あわれみをあらわそうと望まれる。しかし救い主は、弟子たちに、実を結ぶために骨折るようにとは命じられない。」

祝山50
「しかしイエスは弟子たちに『あなたがたの光を輝かすために努力せよ』とはお命じにならなかった。イエスは『それを輝かせよ』と言われたのである。キリストが心に宿られるならば、その臨在の光をかくすことは不可能である。」

ミニストリー・オブ・ヒーリング17
「キリストのしもべたちは世の光とならねばならないが、神は、光を輝かすように努力せよとは、命じておられない。神は、おのれのすぐれた善を誇示しようとするうぬぼれた努力をおよろこびにはならない。神は信者たちの心が、天の性質でみたされ、そのために、彼らが社会と接するとき心の中にある光が表われるようにと望んでおられる。生活のすべての行動にあらわれた不変の誠実さによって光は輝くのである。」

祝山101
「親切の行為は隠れたところでなされても、その人の品性に現われる結果は隠すことができない。」

ミニストリー・オブ・ヒーリング233
「『すべてのことについて感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである』(テサロニケ第1・5:18)。この命令は事態がわたしたちに不利とみえるときでも、わたしたちの益となるという確証である。神はわたしたちに害になるものに対して感謝の念をいだけとはお命じになっていない。」



御霊の実 パート2

関連説教

クリスチャン生活

コメント


認証コード8068

コメントは管理者の承認後に表示されます。